Kansetsu Sangyo Co.,Ltd.

カンセツ産業株式会社
大阪市此花区島屋 4丁目327

TEL : 06-6466-2801
FAX : 06-6466-2812


 スクラバーとは  
 排気中に含まれる有害ガスを処理する装置のことです。原理は水などの液体を吸収液として,排ガス中の有害成分やダストを吸収液の液滴や液膜中に捕集して分離しますので湿式スクラバーとも呼ばれます。
例えば,塩化水素やフッ化水素などの有害ガスやDMACDMFなどの溶剤ガスは水吸収で処理できます。
硫酸ガスなどの酸性ガスは苛性ソーダで吸収することができます。
また,アンモニアガスはアンモニア溶液の蒸気圧が高いため,水吸収しても再び気化してしまうので硫酸で処理します。
 一般的にはプラスチック・磁器などの充填物に噴霧した吸収液の液膜に排ガスを接触させて捕集する方法が主流です。
 充填物を使用したスクラバーは大きく分けて2種類あり,1つは縦型,もう1つは水平スクラバーです。

<縦型スクラバー>

  ●長所
    ・気液接触効果が良い。
    ・充填物の種類が豊富
    ・省スペースで設置可能

  ●短所
    ・補給水量が多い
    ・充填層での塩の析出による閉塞が起こる
    ・フラッディング(※1)が起こりやすい
<水平スクラバー>

  ●長所
    ・充填物のステージ数を増やせる構造
    ・ステージごとに吸収液を変えることが
     できるので多成分ガスに有効
    ・充填層での塩の析出による閉塞が
     起こりにくい
    ・フラッディング(※1)が起こりにくい
    ・補給水量を少なくできる

  ●短所
    ・設置スペースが大きくなる。

(※1)フラッディングとは・・・
 液流量を一定にしたままガス流速を増加していくと,圧力損失が急激に増大する点(ローディング点)が現れます。さらにガス流速を増していくと,液の流下が不可能になる点(フラッディング点)が現れます。この時のガス速度をフラッディング速度と呼びます。スクラバーにおいては,フラッディング点で操業することは気液接触が望めないため不可能であり,一般的にはローディング点以下の操業ができるように設計します。
 水平スクラバーでは,吸収液排出がガス流れ方向に対して垂直方向であるため,縦型スクラバーのようにガスの流れと液の流下が干渉しにくくなっているので,フラッディング速度を速くすることが可能になります。

水平スクラバーの設計依頼,価格のお問合せはスクラバーメーカーの カンセツ産業
本社・工場〒554-0024
       大阪府大阪市此花区島屋4丁目3番27号
       TEL : 06-6466-2801
       FAX : 06-6466-2812
http://www.kansetu.co.jp/

Copyright (C) 2012 Kansetsu Sangyo Co., Ltd. All Rights Reserved